食品を精製すればするほど毒になる話

食品は精製度の低いものを使うのが、健康維持観点からいうとの当たり前の話だ。

上白糖より黒砂糖といった感じだ。

精製すればするほどいいものに感じるだろうが、精製すればするほど、作用がダイレクトになり、悪症状を及ぼしてしまう。

代表的なものは、砂糖や塩である。

岩塩は体によく、食塩は高血圧の元になる。

ちょうどいい塩梅が良いのである。

精製度の低い食品には、アミノ酸やミネラルなどが含まっており、雑味こそが、我々の体の健康維持に役立っているといえる。

精製度の高い究極の生成物は「麻薬」だ。

一般食品で言うと、トランス脂肪酸を含む植物油やマーガリンなどである。

詳しく知りたい人は、トランス脂肪酸で検索していただくと、情報はごろごろと出てくるのだが、心して閲覧していただきたい。

人が食していいレベルに至っていない。

マーガリン等は、アメリカでは厳しく禁止されている食品なのだ。

精製度の高い食品は、なぜか値段も低い。

なぜ値段が安いかを考えてみると一発で分かるが、「加工が簡単で、大量に作れるから」である。

たまにカフェとかでコーヒーをいただいていると、他のテーブル客がミルクを入れているのだが、よけいなお節介かもしれないが、あれを使うのはやめた方がよい。

コーヒーミルク(コーヒーフレッシュ)の成分は、植物油脂100%の食材だからだ。

詳しくは、
・植物油脂
・乳化剤
・カラメル色素
・PH調整剤(防腐剤) など

体にいいか悪いかは、ご自身で判断してください。

私から言わせると、これは食材ではなくほとんどビニールである。

当然消化もされない。

コーヒーミルクには賞味期限がない。

強引に賞味期限を言えば、油と水分が分離してまざらなくなったら期限切れと言った具合だ。

というように、我々のしらないところで、とんでもないものが平気で売られている。

少し気になったら、常に調べて欲しい。

知らず知らずに毒を食べて、勝手に調子を悪くしているということが、分かってくると思う。

カテゴリーFree