家賃交渉をしない店舗オーナー

自粛の先が見えない中、多くの経営者が悲鳴をあげている。

私の周りにも、多くの経営者がおり、様々な対策と実践をしている。

3月に入り、いち早く不動産側から、賃料を当面の間半額にするなど、様々な嬉しいニュースも飛び込んできている。

人の優しさと店子の意味をよく知っている不動産業者と言える。

そのような中、絶対に賃下げに応じないビルオーナーがいるのも事実だ。

ここが問題なのだ。

目先の利益で、店子に対して「恩を仇で返している」ことになる。

小規模の飲食などは、1〜2ヶ月収入がないと、ほとんどの店舗が潰れてしまう。

そんな事も分からず、家賃の交渉をしないオーナーは、基本馬鹿である。

潰れてしまった後、また新しく貸し出す計画だろうと想像はつくが、今回に限っては、むしろ逆効果だ…

浅はかな考えは、人としての魅力も美しくも見えない。

世間がそれを許さないのだ。

店子を見殺しにするビルに入りたくもないだろう。

今後そのレッテルが付き纏うことになってくる。

この限界体制が取られている中、どれだけ我慢できるかが勝負なのだが、そのレッテルは、生涯付き纏うことになるだろうし、後から気づいてもすでに遅い問題だ。

正体がばれてしまったビルには、今後借りられることはないだろう。

カテゴリーFree