各エリアで配送の遅延が勃発

新型コロナウイルスの発生に伴う、配送やサービスが停止するなど、悪影響が生じている。

ヤマト運輸や佐川急便などでは、緊急事態として様々な取り組みがなされている。

少々の遅延などは、「仕方がない」と割り切るしか無いだろう。

知人の配送に関わる郵便局員も同様の事を言っていた。

外出を自粛している中、唯一の綱は物流関連の方たちにのしかかるのは、当然と言える事だろう。

大手Amazonでは、1000人の新規採用へ踏み切っている。

人材離れも警戒し、給与のアップも同時に行っている状態だ。

アメリカのAmazonでは、10万人規模の雇用になっているらしい…

この不景気の中でも、恐ろしいくらい忙しいく動いている企業もあるという事だ。

私の周りにも、倒産する企業の情報がチラホラ入ってきている。

恐らく今月の倒産率はかつて経験したことの無い数字になると言われている。

私たちは、如何なる場合でも生きていかなくてはならない。

起動修正も必要になってきている中、尋常じゃなく忙しいくしている企業もあるという事を「一つのヒント」をして考える時期にさしかかっていると考える。