コロナ対策として、紫外線が有効の話

新型コロナ、紫外線が人類を救うこれだけの根拠 他国の感染状況から見る「6月終息説の記事を目にした。

ここ最近、紫外線ライトや類似した商品が登場しているのも、やはり殺菌という意味では効果があるのではないだろうか?

下記に転載しておく。

デイリー新潮は3月30日に『新型コロナ、4月終息説は本当か ウイルスを衰えさせる“湿度”と“紫外線”』という記事を配信した(週刊新潮4月2日号記事の転載)。ここで紹介しているのは、長野保健医療大学特任教授の北村義浩氏による以下の見立てだった。

「4月の紫外線はまだ弱く、ウイルスを死滅させるには日光を1時間以上当てないといけません。しかし、6月になれば紫外線量が飛躍的に増え、実験室で使う紫外線と似た効果が期待できる。本格的に終息しはじめるのは5月末から6月頭だと思います」

詳しくはこちらの記事を