日本最大級のクラウドソーシング「ランサーズ」。

私はこのランサーズを最大活用し、全国のクライアントと繋がっている。

Webデザインに関しては、最近の傾向などが解るため、受注に繋げる行為とリサーチするのが半々位のウエイトだ。

ここ最近、認定ランサーとシルバーの行ったり来たりを繰り返している。

ランサーズは、数多いビジネスマッチングサービスよりも、案件数が多いのと提示金額が高いのが特徴だと感じる。

カテゴリによって異なるとは思うが、私がエントリーしている「デザイン」に関しては意外と高い金額の様に感じる…

コンペやプロジェクトなど様々な形態があるのが、わたしはあまり関係なく興味のある案件にトライする様にしている。

ランサーズは儲からないとボヤく人もいるが、私の場合は「リサーチ案件」としての意味が深いので、あまり気にはならない。

・こういった感じが好まれるとか
・流石にこの時期はこういった案件がでてくるよなぁとか

関心しながら、動向をチェックする事にしている。

そう言った意味で付き合っていると、何だかランサーズが勉強材料になっている様にも思える。

冷静に考えてみると、マッチング出来なくても、自分のスキルと全国のクライアントとの差を埋める最適なツールではないだろうか?

奴隷思考は人間を駄目にする…

皆さんは、自分の行動を自分で判断して決めているだろうか?

そんなの当たり前じゃんって聞こえて来そうですが、本当にそうだろうか?

昨今のFacebookやTwitterなどのつぶやきを見ていると、そうは思えなくなる。

「いいね」を貰いために行動し、発言していないだろうか?

コレって完全に奴隷思考の典型的であると考えられる。

このような行動をしている経営者は、少なくないと言える。
というより、Facebookに上がっている内容のほとんどがこれだからだ。

自分の尺度で物事を判断できていないという典型的なパターンであるといえる

奴隷思考は、他人に決定権がある為、行動自体は単純で分かりやすいのだが、
一歩間違えるとこの先永遠と「魔のループ」にハマってしまい危険を伴う事となる。

つまり、自分の意思で決定出来なくなるのだ。

基準が自分でない為、いつも誰かに同意を求めてしまう。

時には賛同を得たいがために誰かを傷つけたりもする。

傷つけたにもかかわらず、罪の意識がないのが特徴だ。

コレは最近懸念されている、SNSでの誹謗中傷の問題にも繋がっていく。

自分の人生は自分で決めて行くのが正解だ。

今すぐ奴隷思考から抜け出さないと、独創性の高い提案やビジネスなど出来ない人になってしまう。

どうせSNSで発信するのなら、自分のはっきりとした意志を発信し、
心の友達と繋がって欲しい