モチベーションのお話…

よくモチベーションと言う言葉を使う。

この言葉は私は好きな言葉ではない。

ポジティブシンキングと言った言葉のように、どこかにチカラが入ったような印象を受ける言葉だからだ。

モチベーション=動機・動員・誘因 などと言った意味があるのだが、

そもそも人間の行動に逆らったものに感じる。

「俺、モチベーションが低いんで…」といった言葉を耳にするが、言っている人を観察すると、何だか都合の良い言い訳を言ってるようにしか見えない…

気持ちとか、気迫が入っていない気がする。

衝動に駆られて行動する事に対して、モチベーションなどと言う言葉をたやすく使いたくない。

やるからには良いものを作りたい→だんだん理想の形になってくる→ゴキゲンになる

といった感じが私の常だ。

それが遊びであっても、シゴトであっても、ゴキゲンになるプロセスは変わりはない。

モチベーションという言葉の中間は、ニュートラルじゃないような気がする。