もう開き直って今出来ることで発散を…

コロナの影響も感染者数が激減し、終息出来るのではと楽観視するものも出ている。

これは私にとっても嬉しいニュースだ。

しかし、油断してはいけない。

このGWの結果が全てである。

ここまで来ると身を委ねるしかないのだが、

多くの人がストレスを抱えていることは、想像に余る。

私はこう考えてみる。

外出が規制されているのであれば、いっそのこと徹底的に今まで見て見ぬ無理をしていた事にチャレンジする…

例えばダイエットであれば、脂肪燃焼のメカニズムをYouTubeあたりで徹底的に勉強し、それを実践する。

普段敬遠しがちな事も、きっかけがあれば実践出来るのである。

しかも、これは今後永久にあなたの財産になる。

角度を変えれば、様々なものが見えてくる。

不自由をしいらげられているなかではあるが、特別きつい事ではない。

終息後、新たな自分になって活力ある生活に戻って欲しい。

メディアのみなさんへ!そろそろ本当のことを…

全国のメディアに物申したい。

そろそろ本当のことを言わないと、全国民から訴えたれるぞと…

連日コロナウイルスの情報が入ってくる。

脅威だけを煽るだけ煽って、生きるために営業している店を全国放送で流し、息の根を止めるメディア。

これは歴とした犯罪である。

メディアは、なぜか感染者数の累計で発表している。

インフルエンザなどは、患者数で発表しているのにも関わらず、
何故かコロナウイルスだけは、感染者なのだ。

若干の数字の誤差はあると思うが、現状はこうだ。

4/23時点の数値

・感染者数 376名
・患者数 291名
・退院者数 68

https://toyokeizai.net/sp/visual/tko/covid19/

なのだ。

この数字をみて、あなたはどう思うだろうか。

私から言わせてもらうと、ほど終息(封じ込めに成功)しているしかみえないのだが…

1日に起こる交通事故数より低い。

交通事故起こさないために、自動車使用を禁止するだろうか。

メディアが煽るだけ煽った結果、現在経済がストップしている。

資材さえ輸入できなくて、製造がストップしている企業もある。

コロナウイルスによる現在の倒産社数は、帝国データバンクによると、

・「新型コロナウイルス関連倒産」は、全国に81件判明(4月22日16時現在)
・法的整理49件、事業停止は32件(未掲載企業1社含む)

になる。

いずれもデカい会社だ。

職を失うばかりか、自殺者が4万人にのぼるという学者もいる。

この事態の責任をメディアは、どうとるのだろうか?

普通「みさなんの自粛のおかげで、こんな数値になりました」って

放送するのが本来の姿ではないだろうか。

まだ煽り続けているメディアは、最大のブーメラン(スポンサー離れ)になっ帰ってくるだろう。

その時の手のひら返しを視聴者が冷静に見たときに、どう思うだろうか。

脳の老化は理性を衰えさせるお話

最近起こりっぽいと感じることはないだろうか?

これは、歳のせいだと考えられてきたが、実は脳の老化だというのがわかってきた。

先日、コロナの騒動が原因でもあるが、コンビニの定員のお釣りの手渡しでブチ切れ店長に暴行を加えた事件があった。

通常では当たり前の光景だが、一歩その人の常識が書き換えられれば、そのような行動にも繋がっていくのである。

では、脳が老化する症状はどのようなことなのだろうか?

健康な脳は、理性を保つことができ、人としての最低限の行動がバランスよく保てるらしい…

逆に脳が老化すると、その人が持っている感情が、ダイレクトに発散されるので、一般の常識から逸脱した行為になることがある。

そういえば、昔頑固オヤジなどがいた。

怒ることを生き甲斐にしているような人が…

血流的な疾患も考えられると思うが、もし自分が最近起こりっぽいといと感じたら、脳が老化しているのではと考えると、無茶な行動には至らないのではないだろうか?

家賃交渉をしない店舗オーナー

自粛の先が見えない中、多くの経営者が悲鳴をあげている。

私の周りにも、多くの経営者がおり、様々な対策と実践をしている。

3月に入り、いち早く不動産側から、賃料を当面の間半額にするなど、様々な嬉しいニュースも飛び込んできている。

人の優しさと店子の意味をよく知っている不動産業者と言える。

そのような中、絶対に賃下げに応じないビルオーナーがいるのも事実だ。

ここが問題なのだ。

目先の利益で、店子に対して「恩を仇で返している」ことになる。

小規模の飲食などは、1〜2ヶ月収入がないと、ほとんどの店舗が潰れてしまう。

そんな事も分からず、家賃の交渉をしないオーナーは、基本馬鹿である。

潰れてしまった後、また新しく貸し出す計画だろうと想像はつくが、今回に限っては、むしろ逆効果だ…

浅はかな考えは、人としての魅力も美しくも見えない。

世間がそれを許さないのだ。

店子を見殺しにするビルに入りたくもないだろう。

今後そのレッテルが付き纏うことになってくる。

この限界体制が取られている中、どれだけ我慢できるかが勝負なのだが、そのレッテルは、生涯付き纏うことになるだろうし、後から気づいてもすでに遅い問題だ。

正体がばれてしまったビルには、今後借りられることはないだろう。

各エリアで配送の遅延が勃発

新型コロナウイルスの発生に伴う、配送やサービスが停止するなど、悪影響が生じている。

ヤマト運輸や佐川急便などでは、緊急事態として様々な取り組みがなされている。

少々の遅延などは、「仕方がない」と割り切るしか無いだろう。

知人の配送に関わる郵便局員も同様の事を言っていた。

外出を自粛している中、唯一の綱は物流関連の方たちにのしかかるのは、当然と言える事だろう。

大手Amazonでは、1000人の新規採用へ踏み切っている。

人材離れも警戒し、給与のアップも同時に行っている状態だ。

アメリカのAmazonでは、10万人規模の雇用になっているらしい…

この不景気の中でも、恐ろしいくらい忙しいく動いている企業もあるという事だ。

私の周りにも、倒産する企業の情報がチラホラ入ってきている。

恐らく今月の倒産率はかつて経験したことの無い数字になると言われている。

私たちは、如何なる場合でも生きていかなくてはならない。

起動修正も必要になってきている中、尋常じゃなく忙しいくしている企業もあるという事を「一つのヒント」をして考える時期にさしかかっていると考える。