i Padが必要不可欠な存在に…

かつて一斉を風靡したi Padだが、しばらくの間 不人気が続いたように思える。

スマホ画面の拡大化が原因だと思うが、どうしてもi Padの使用意義が見つからなかった。

カッコをつけて使ってみるも、使ってやってる間が半端なかった気がする(w笑w)

しばらく自宅のi MacとMac bookの両刀使いで日々を過ごした矢先に、『進化したiPadがやってきた』。

きっかけはモバイルルーターの解約に出かけた時だ。

ルーターの代わりに通信端末を持っておきたいと考えてた私に、タイミングよくiPadが転がってきました。

少し前にiPad OSの存在を知っていたので、半信半疑でしたが興味はありました。

購入し自宅へ戻って早々に設定。。。

あらゆるアプリも登場していて、youtubeもかなりお世話になりました(w笑w)

『便利がいい世の中になったなぁ。。。』っと呟きながら、おすすめアプリの」インストール。

20個位インストールし、ほぼほぼ業務に関する項目はオールクリアってな状態になりました。

今回のiPadで最も興奮した機能は、
スライドビューとスプリットビュー機能。

これがあるだけで、iPadの価値がマックスになった。

ファイルのやりとりや、ドラッグドロップが可能になり、ノートブックの役目をしっかりとこなしてくれます。

おまけに、自宅ではアップルの元開発者が作った『ディエット』という、マルチモニターAPPを入れて、デュアルモニターにして存在感をアピールしている。

i cloudのデータにiPadで修正のペン入れしたり、すでにノートブックを超えた存在になっている。

 

 

カテゴリーFree