屋台での情報収集のお話

わたしはお酒が好きで、よく地元の繁華街へ繰り出すことが多い。

お酒がメインの話だが、屋台などの世間話は『実に面白い』。

通常「そんな話は、耳にしないよ…」といった話が、洪水のように入ってくる(w笑w)

時々、仕事に繋がる時もある。

そこで冷静になって考えてみる。

屋台に顔を出す人の特徴を考える

1.そもそもがコミュニケーション好き
2.飲みに出る腹ごしらえ
3.飲んだ後の腹ごしらへ

などなど… とにかくテンションの高い人が多い。

時々、暗く俯いている人がいるのだが、それはそれで理由がある。

しかし、そこに足を運ぶと言うことは、「心のどこかに勇気づけてもらいたいという期待」があるのではないかと推測する。

人は必ず理由があって行動をする。

モテたい、気を紛らわしたい、目立ちたい… などなど、
そんな理由を探りながら考えていると、自分自身の完成が鍛ってくる気がする。

屋台で人間観察していると、今のシゴトにも役立っていることがわかる。

話のネタにもつきないだけでなく、経営者や自営の方が多く、ちょっとしたカウンセリングをすることも多く無い。

小規模な空間だが、大きな勉強をすることが多い。

カテゴリーFree